シンガムス・トラケア(Syngamus trachea) ~ 気管開嘴虫(鶏開嘴虫)



シンガムス・トラケア:Syngamus tracheaは、気管開嘴虫と呼ばれ、気管、気管支、細気管支に感染する回虫の一種です。


外観:気管開嘴虫は、赤い色をした線虫であり、オスとメスが常に交尾して「Y」字型を形成しています。


ライフサイクル:S.tracheaの生活環は、虫卵または感染性幼虫の摂取により直接的に生じることもあれば、ミミズまたは他の無脊椎動物(ナメクジとカタツムリ)の摂取により間接的に生じることもあります。


感染した鳥は通常、雌の気管開嘴虫の卵を糞の中に排出します。環境中に入ると、卵は胚を形成し、約8~14日で孵化します。


ミミズ、ナメクジおよびカタツムリは、気管開嘴虫の幼虫を摂取することで感染し、幼虫は体腔に入り体内の筋組織に侵入して被嚢します。そこでは数年間鳥に感染し続けます。

分類



目:

科:開嘴虫科(Syngamidae)

属:開嘴虫(Syngamus)

宿主



●鶏

●七面鳥

●ホロホロチョウ

●ガチョウ

●アヒル

●ウズラ

●クジャク

●エミュー

●キジ

関連疾患



●気管開嘴虫(鶏開嘴虫)感染