懸垂靭帯分枝靱帯炎(Suspensory Ligament Branch Desmitis) ~ 前肢または後肢に生じる内側または外側枝領域の損傷を伴います



懸垂靭帯分枝靱帯炎はウマの懸垂靭帯に対する特異的なタイプの損傷であり、前肢または後肢に生じる内側または外側枝領域の損傷を伴います。一般的には1本の肢の1本の分枝のみが侵されますが、特に後肢では両方が侵されることもあります。


懸垂靱帯枝への損傷は、異常な過負荷の結果、急性の出来事として起こることが多い。ほとんどの場合、跛行が生じる前に、繰り返しのストレスおよび組織の脆弱化を引き起こす基礎疾患が存在します。


獣医師が処置する治療法は、馬の機能、怪我の重症度、臨床症状、および馬の病歴によって異なります。


懸垂靭帯枝損傷は再発率が高く、慢性化することも多く、球節関節の変形性関節症を伴うことが多い。また、それ自体が多くの競技馬の能力制限となりえます。

症状



●触診時の熱感、疼痛、腫脹

●断続的または一過性の軽度から中程度の跛行

治療



※長時間の馬房休養とコントロールされた運動

腫れを軽減する治療法

※装蹄の変更

素材や型等

※衝撃波療法

14%~50%の予後の改善

※幹細胞療法

予防



※トレーニングの段階的な増加

※速い動きをする前に、少なくとも15分間のウォーキングでウォーミングアップをしましょう。

※同じ操作の繰り返しや使用を防ぎ、SLの微小損傷の修復を可能にするために、騎乗時の運動プログラムにクロストレーニングを取り入れる。

予後



●前肢を損傷した馬が保存療法で運動に復帰する可能性は80%、後肢の跛行は14%。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280