ストロンギロイデス・アビウム(Strongyloides avium) ~ 鳥糞線虫



鳥糞線虫は、家禽の盲腸に寄生する糸状虫(または蟯虫)の一種です。


分布:S.aviumは世界中の熱帯および亜熱帯地域で最も頻繁に見られ、多くの場合衛生状態の悪い農村地域で見られます。


伝播:成虫は非常に薄くて小さく、ほとんど透明に見えます。鳥の小腸に寄生し、虫卵も鳥の糞とともに環境へ排出されます。


環境中での生存:S.aviumの卵は適切な条件下で4カ月まで環境中で感染性を保つことができますが、寒さや乾燥には抵抗がありません。

分類



目:桿線虫目(Rhabditida)

科:糞線虫科(Strongyloididae)

属:糞線虫(Strongyloides)

宿主



●鶏

●七面鳥

●ウズラ

●ガチョウ