マンネングサ(ストーンクロップ:Stonecrop) ~ マンネングサの全ての部位には有毒なピペリジンアルカロイドが含まれています



オウシュウマンネングサ(欧州万年草)(セダム・アクレ:Sedum acre)は、ベンケイソウ科の常緑多年草です。


ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアが原産で、主に岩の隙間や渓谷、粗雑な地域に見られます。夏の間、小さな星型の5弁の黄色い花を先端につけて咲かせます。


マンネングサの全ての部位には、有毒なピペリジンアルカロイドが含まれています。

スポンサーリンク
336×280