ブドウ球菌性皮膚炎(Staphylococcal dermatitis) ~ ヤギにおける一般的な皮膚感染症



ブドウ球菌性皮膚炎は、ヤギにおける一般的な皮膚感染症であり、スタフィロコッカス・インターメディウス(Staphylococcus intermedius)、スタフィロコッカス・アウレウス(S.aureus)、スタフィロコッカス・クロモゲネス(S.chromogenes)、およびスタフィロコッカス・ハイカス(S.hyicus)によって引き起こされます。


一部の症例では、ヒゼンダニ疥癬または伝染性膿疱性皮膚炎(パラポックスウイルス感染)に続発することがあります。

症状



●毛嚢性丘疹、毛包性丘疹

●脱毛

治療



ペニシリンG、プロカイン:2万IU/kg/日、筋注、7~14日間

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280