スタキボトリス中毒症(Stachybotryotoxicosis) ~ 古くから知られている真菌中毒症の1つ



スタキボトリス中毒症は、馬の致命的な出血性疾患です。これは、スタキボトリス属(Stachybotrys spp.)の特定の菌株が産生するトリコテセンサトラトキシンとして知られるマイコトキシンが原因です。


スタキボトリスは、不適切に乾燥されたり、長期間保管された干し草や藁に見られる一般的な腐生菌です。


馬は、汚染された干し草を食べたときに毒素を摂取したり、汚染された敷料の上で寝たり立ったりしたときに吸い込んだりすることで感染します。

症状



●抑うつ

●食欲不振

●不整脈

●脈が弱い

●チアノーゼ

●知覚過敏

●結膜炎

●口腔内の壊死性潰瘍

●急死

診断



●臨床兆候

●病歴

●身体診察

●臨床検査

治療



※汚染された干し草や敷料の除去

※抗生物質

※心肺刺激薬

※支持療法

予防



※カビによる汚染が疑われる干し草を与えないこと。

※カビに汚染されている疑いのあるワラを敷料として使用しないこと。

スポンサーリンク
336×280