セントルイス脳炎ウイルス(St Louis Encephalitis Virus) ~ 神経病原性は流行が大規模になるほど強まる傾向にある



セントルイス脳炎ウイルス(SLEV)は、フラビウイルスの一種で、西ナイルウイルス(WNV)と類似しており、どちらも日本脳炎の抗原複合体のメンバーです。


SLEVは、アメリカ大陸、特に南アメリカに広く分布しています。


SLEVが初めて分離されたのは、1933年に米国ミズーリ州セントルイスで発生した大規模な流行の際でした。

伝播



SLEVは感染した蚊によって馬に感染し、鳥類とアカイエカの間で周期的に維持されます。馬とヒトは、このウイルスの終宿主として機能しています。

症状



●神経学的徴候

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※支持療法

予防



※バイオセキュリティ

※蚊の発生を最小限に抑える

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280