扁平上皮癌 ~ 鶏の皮膚腫瘍の中で最もよくみられる種類のひとつ



扁平上皮がん (SCC) は、扁平上皮細胞から発生するがんの一種であり、鶏の皮膚腫瘍の中で最もよくみられる種類のひとつです。扁平上皮細胞は、表皮 (皮膚の最も外側の層) を構成する薄くて平らな細胞です。


SCCはこれらの細胞のDNAの変化によって引き起こされ、これらの細胞は制御不能に増殖します。扁平上皮細胞は、皮膚の表面、体内の中空臓器の内面、呼吸器や消化管の内面を構成する組織を構成しています。病変はこれらの部位のいずれにも発生します。


鶏では、縁が盛り上がったクレーター状の潰瘍のような皮膚病変が発生し、頭部の皮膚、くちばし、まぶた、首、胸、翼などに最も多くみられます。小さな結節性病変が潰瘍とともに認められ、肉眼では肥大した毛包として現れます。

ニワトリのSCC病変に関する以前の報告には、以下のケースが含まれます



●成体雄鶏の中咽頭と食道の内部

●ジャージージャイアント種の3歳の大型雄鶏の咽頭腔の内部。

●6歳のアローカナ種(性別は不明である)の両足の外側。

●4.5歳の雄鶏の外側に沿って(品種不明)。

臨床兆候



●小結節性病変

治療



●支持療法

●手術

●光線力学療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280