斑点状肝疾患 ~ カンピロバクター属による感染が原因



斑点状肝疾患(SLD)はオーストラリア、米国および英国の平飼いの産卵鶏に散発的に見られる急性感染症です。カンピロバクター属による感染が原因と考えられており、地域によっては毎年報告されていますが、ほとんどの症例は暖かい季節に発生します。産卵ピーク時に最もリスクが高いのは鶏です。

スポンサーリンク
広告336×280

斑点状肝疾患の診断方法



カンピロバクター菌は、感染した鳥の肝臓や胆汁から培養できます。特徴的な小さな黄白色の壊死性肝病変のほか、線維素性の肝周囲炎、過剰な心膜液および腹水、通常は下痢を伴う腸炎が剖検で発見された場合にも、推定診断が可能です。病理組織学的検査では、フィブリンを伴う多発性の急性肝細胞壊死と、ときに出血を認めます。

臨床兆候



●艶のない、羽根を逆立てる、膨らんだような状態

●くちばし・爪の過成長

●縮んで・痩せてしわが寄った鶏冠

●嗜眠

●衰弱

●卵黄の色が薄い

治療



●支持療法


●抗生物質


25mg/kgのチアムリンを5日間飲水投与。


●食餌の変更


オメガ3脂肪酸の追加。

予防



●バイオセキュリティー

●ストレスの軽減

●過密飼育をしない

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
広告336×280