植物毒中毒 ~ クララ(クサエンジュ)・エニシダ・ハリエニシダ・キンレンカ


クララ(クサエンジュ)

苦参Sophora angustifolia マメ科、根および種子に夫々マトリンMatrin C₅H₂₄N₂O約2%、種子にチチシンCytisin C₁₁H₁₄N₂Oを含みます。


エニシダ

Cytisus scoporius マメ科、葉茎にスパルテイン Spartein C₁₃H₂₆N₂その他を含みます。


ハリエニシダ

Ulex europaeus マメ科


キンレンカ(金連花)

Laburnum vulgare マメ科、木質以外全株にチチシンCytisin C₁₁H₁₄N₂Oを含有します。

以上の4種は同一または類似のアルカロイドを含有し、本邦ではクララの馬中毒が報告されています。

反芻獣は一般に抵抗力が強く山羊はほとんど影響がありませんが、毒成分は乳汁に移行します。


症状



本毒は刺激性麻酔性で主徴は神経障害、疝痛、嘔吐、下痢、痙攣、搐搦です。


馬の致死的中毒では、泡沫液を出し呼吸促拍、筋肉の痙搐、後肢より前肢におよぶ筋収縮、発汗、急激な体温降下、脈調は初め正規ですが死前に不規則となります。


呼吸は著しく浅徐を示し苦悶により死します。

療法



アルカロイド解毒法に準じます。

スポンサーリンク
336×280