蹄底潰瘍(Sole Ulcer) ~ 体重の重い高泌乳牛での発生が多く大部分は蹄葉炎に続発します



蹄底潰瘍(ていていかいよう)は、過密で不衛生な環境で生活する乳牛に見られる重大な足の疾患です。


これは、蹄底と蹄踵の接合部の軸側寄りの真皮に出血と角質の欠損が生じて開口部が形成され、二次感染により潰瘍を呈した状態です。


運動量が少なく体重の重い高泌乳牛での発生が多く、大部分は蹄葉炎に続発します。乳牛では分娩後1~2か月の時期に多発し、跛行の程度は種々で削蹄して蹄底の圧迫を取り除きます。


また、対側の健康な蹄にブロックを装着し、患蹄の負担を軽減します。                    

症状



●疼痛

●跛行

●壊死

●病変の触診による痛み

●頻繁な足の震え

●頻繁に横になる

●出血および/または紅斑

●異常姿勢

治療



※罹患部位への足底圧の除去:経験豊富な装蹄師を雇うべきで、蹄の健康な部分に釘付けまたは接着し対策します。

予防



※多くの場合、蹄底潰瘍は完全には治らず、牛は慢性的な軽度の跛行を持続します。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280