馬のよだれやスラフラミン中毒(Slobbers) ~ 真菌に汚染されたアカツメクサの摂取と関連します



スラフラミンはマイコトキシンの一種であり、リゾクトニア・レグミニコラ:Rhizoctonia leguminicola (黒かび病) という真菌に汚染されたアカツメクサ (赤詰草:トリフォリウム・プラテンス:Trifolium pratense) の摂取と関連します。


R.leguminicola(リゾクトニア・レグミニコラ)は、2種類のインドリジジンアルカロイド、スラフラミンとスワインソニンを生産します。


●スラフラミン:スラフラミンは、1.5ppmから100ppmまでの幅広い濃度で発生する流涎病の主な原因であると考えられています。


●スワインソニン:スワインソニンは、ロコ草中毒(ロコ草(ゲンゲ属:(アストラガルス属:Astragalus spp)、(オキシトロピス属:Oxytropis spp))の摂取による)を引き起こすことで知られており、その結果、神経学的な問題(ふらつき、神経質、協調性の欠如など)が生じます。


よだれかけ(Slobbers)は、米国南東部の牧草地で放牧されている馬ではやや一般的であると考えられています。


アメリカ中西部および南東部、ブラジル、カナダ、日本、オランダの牧草地で、カモガヤ(オーチャードグラス)とアルファルファの混合乾草を食べ、アカツメクサ地に放牧している馬で、よだれかけの発生が記録されています。


この過度なよだれかけは、数時間から数日間続くこともあります。


この菌は、通常は夏の終わり頃の高温多湿の時期に牧草地に現れます。同じ菌がシロツメクサ(トリフォリウム・レペンス:Trifolium repens)、タチオランダゲンゲ(トリフォリウム・ヒブリドゥム:Trifolium hybridum)、アルファルファ(メディカゴ・サティバ:Medicago sativa)にも感染します。


乾草に含まれるアカツメクサもこの真菌の影響を受ける可能性があります。R.leguminicolaは新鮮な状態でも乾燥した状態でもクローバー(シャジクソウ属の総称)に残っているからです。

症状



●唾液分泌過多

●下痢

●体重減少

●筋肉の凝り

●飼料の拒否

●雌馬の流産

●暴力的な行動

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●飼料検査

治療



※感染した牧草地から除去するか、汚染された干し草の給餌を中止する。

※アカツメクサ生育地エリアを柵で囲う。

予防



※アカツメクサから馬を柵で囲う

※排水を改善する

※牧草地を継続的に刈り取り、間引く。

予後



●良好。天候にもよりますが、通常2~4週間は持ちます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280