重症複合[型]免疫不全症(Severe Combined Immunodeficiency Disease (SCID)) ~ SCIDはアラビア馬の常染色体劣性遺伝疾患



重症複合[型]免疫不全症(SCID)は、常染色体劣性遺伝(欠陥遺伝子の1コピーを保因種馬から、もう1コピーを保因繁殖牝馬から受け継ぐ)で、アラビアの子馬が罹患します。


SCIDの子馬は、感染症に対抗するための抗体を産生することができません。SCIDの子馬は、感染症を発症して死亡するまでに5ヶ月齢を超えることはまれです。


SCIDは1973年に馬で初めて報告されました。1980年、SCIDはアラビア馬の常染色体劣性遺伝疾患であることが発見されました。

症状



●鼻腔内の分泌物

●咳の様子

●呼吸音の増加

●発熱

●疝痛

●体重減少

●断続的な下痢

●肺炎

診断



●病歴

●臨床徴候

●身体診察

●血液検査

治療



※支持療法:病気の経過を長引かせることがありますが、最終的には通常は生後5カ月以内に死亡します。

予後



集中的な治療を行っても重篤で、ほとんどの子馬は生後5ヶ月以内に死亡します。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280