セレン毒性(Selenium Toxicity) ~ セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります



セレンは牛にとって不可欠ですが、あまりにも多くのセレンは毒性があります。


セレンは、異なる地理的地域にわたって濃度が異なり、土壌中に自然に存在しています。ほぼすべての植物は、土壌からセレンを蓄積しますが、セレニウム蓄積体として知られているいくつかの植物は、成長するためにセレンを大量に必要とします。


牧草地にそれらの存在は、土壌中のセレンレベルが高いことを示す良い指標です。


しかし、もう一つの危険性は、一年の特定の時期や特定の環境条件の間に、これらのセレン蓄積植物が牛に食欲をそそるように見えることです。


これらの植物を摂取することで、牛は様々なレベルのセレンを摂取し、様々なレベルの毒性を引き起こします。牛の飼い主は、知らず知らずのうちに牛群を中毒にさせている可能性があるので、その地域のセレン濃度に注意する必要があります。


セレン毒性の様々な形態には、急性および慢性毒性状態が含まれます。


急性(盲目でのよろめき):最も頻度の低い型。高用量のセレンを短期間(500から1000ppm超)摂取すると発生します。


慢性(アルカリまたはボブテール病):牛で見られる最も一般的なセレン中毒の形態。牛は毎日、体重の最低3.3mg/kg のセレンを摂取しなければなりません。

症状



●肌質不良

●脱毛

●運動失調

●抑うつ

●発熱

●呼吸器疾患

●体毛色の変化

●骨病変

●心拍数の増加

●下痢

●脆弱

●神経過敏

治療



※食餌管理:慢性セレン中毒症は、ときに低セレン食に切り替えることで改善する場合があります。

予防



※牧草地を監視する。

※土壌検査を実施する。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280