鶏脚疥癬ダニの寄生 ~ 鶏脚疥癬ダニに寄生されたニワトリは二次細菌感染および真菌性膿皮症を発症するリスクがある



鶏脚疥癬ダニ(Knemidocoptes mutans)は、平飼いで成鳥、七面鳥、およびキジに比較的よくみられる外部寄生虫です。それらは非常に小さい(肉眼では見えない)円形のダニで、短い脚、爪のような構造、触感毛を持ちます。


鶏脚疥癬ダニが鳥の脚や足の甲の皮膚に潜り込み、トンネルを掘ったり、皮膚を食べたり、産卵したり、糞を残したりと、一生(10~14日)を過ごします。ダニは鳥から鳥へと移動するので、鶏群の1つ以上が感染している可能性があります。

鶏に鶏脚疥癬ダニがいるかどうかはどうすればわかりますか?



健康な鶏はうろこがなめらかで平らです。鶏脚疥癬ダニがいる鶏は、うろこが滑らかで平らではありません。かさぶたができて、うろこがでこぼこになって盛り上がります。また皮が厚くなります。


やがて、鱗屑の強い痂皮形成が関節の屈曲を妨げ始め、跛行、変形、壊死を来すことがあります。加えて、鶏脚疥癬ダニに寄生されたニワトリは、二次細菌感染および真菌性膿皮症を発症するリスクがあります。

鶏はどのように鶏脚疥癬ダニに感染するのですか?



鶏脚疥癬ダニは、感染した鶏群と直接接触することで鳥の間に広がります。最初は野鳥や齧歯類を介して、あるいはすでに土壌や周囲の環境中に存在することによって感染します。

鶏脚疥癬ダニはどのように治療するのですか?



最初にダニを窒息させ、新しい鱗片の成長を促すために、感染した鳥の脚と足にパラフィンオイルまたはワセリンを塗ります。損傷した古いうろこが落ちて新しい健康なうろこが育つまで毎日繰り返します。イベルメクチンとの併用も有益です。

臨床兆候



●皮膚の剥離、痂皮形成、鱗屑、または粗造化

●不均一な脚の鱗または鱗が浮き上がる

治療



●パラフィンオイル又はワセリン


鳥の足に塗ります。(イベルメクチンとの併用がおすすめ)

Amazon | ワセリンHG 100g 2個セット | ワセリンHG | 乳液・クリーム 通販
ワセリンHG 100g 2個セットが乳液・クリームストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。



●イベルメクチン


0.2mg/kgを2週間に1回、3回経口または局所投与する。最初の治療の2週間後には鱗屑が剥がれ落ち、3回目の治療では新しい鱗屑が成長しているはずです。


●局所アベルメクチン・セラメクチン


●モキシデクチン


ポアオン(滴下)または注射はどちらも効果的であり、0.5%および1%の製剤で入手できます。


●禁止


脚や足を傷つける恐れがありますので、うろこを切ったり取ったりしないでください。

予防



●土地浴び場所を設置する。

●クリーンな環境を維持する。

●野鳥との接触を防ぐ。

●鶏舎を徹底的に消毒する。

スポンサーリンク
広告336×280