疥癬(Sarcoptic mange) ~ 夏期に感染する機会が増えます



疥癬は、センコウヒゼンダニおよびキュウセンヒゼンダニの寄生に起因します。


山羊ではヤギセンコウヒゼンダニによる被害が最も多いです。めん羊、山羊およびしかの疥癬は、各々のヒゼンダニの感染によって発症します。


病畜との接触により本症に感染しますが、特にダニは高温時に活動するため、夏期に感染する機会が増えます。また、ヤギを蠅蛆症および皮膚糸状菌症にかかりやすくします。


感染は他の疾患に対する感受性を増大させ、病原体による二次侵入の部位を作り出す可能性があります。


疥癬は、かゆみが激しく、皮膚が赤くなり、水疱、小結節を形成し、組織液の滲出が原因で痂皮形成がみられます。特に、めん羊では症状が顕著です。


センコウヒゼンダニは、皮膚にトンネルを作り、キュウセンヒゼンダニは、表皮に存在します。体を温めるとそれぞれの動きが活発となり、かゆみを増します。


伝播:ダニは直接的および間接的な接触によって動物間を伝播します。

症状



●頭の上の小さな掻痒性結節

●重度の皮膚炎

●過角化症

●脱毛

●過度のかゆみや擦れ

●心的動揺

●体重減少

治療



※エプリノメクチン

局所、1mg/kg


※イベルメクチン

0.2~0.4mg/kg、皮下、2週間で再投与。

スポンサーリンク
336×280