肉質鞭毛虫類一覧

ヘキサミタ症(症状・予防) ~ 七面鳥に重要で、1~9週齢の雛鳥が最も感受性が高い

七面鳥、ウズラ、クジャク、ヤマドリに自然感染がみられますが、特に七面鳥に重要で、1~9週齢の雛鳥が最も感受性が高い。 寄生部位は十二指から空腸...

記事を読む

リーシュマニア症(症状・予防) ~ 人畜共通原虫性疾患

リーシュマニア症は人畜共通原虫性疾患として重要であり、ヒトの本症に内臓リーシュマニア症と皮膚リーシュマニア症があります。 ヒトの内臓リーシュマ...

記事を読む

トリパノソーマ症(症状・予防) ~ 病原性は動物の種類によってかなり異なる

家畜に寄生するトリパノソーマのなかで疾病の原因になるものは、Stercorariaに属するものではT.cruziだけですが、Salivariaに属するも...

記事を読む

トリコモナス症(症状・予防) ~ 雌牛は感染後まもなく膣炎を生じ、膣分泌物の増量、また、陰唇はわずかに腫脹します

雌・雄の牛の生殖器に接触感染性に発育をみる、胎子トリコモナスを原因とする原虫病です。雌牛は感染後まもなく膣炎を生じ、膣分泌物の増量、また、陰唇はわずかに...

記事を読む

腸ジアルジア症(症状・予防) ~ 生後数ヶ月齢以内の子犬に激しく、水様性、粘液性で量の多い下痢便ときに血便もみられる

ジアルジア症として臨床上重要視されるのは犬であり、G.canisの小腸寄生に原因します。この原虫の病原性については、原虫が正常便、下痢便の両方から検出さ...

記事を読む

その他の腸トリコモナス症(症状・予防) ~ 罹患動物を隔離し、動物舎の糞便の処理・清掃を厳重に行う

腸管に寄生するトリコモナスには、Trichomitus rotunda、Tetratricho-monas ovis、T.buttreyi、Pentat...

記事を読む

鳥類のトリコモナス症(症状・予防) ~ ハトトリコモナス症は口腔内などの上部消化管病変が特徴

鳥類の消化器系からは数種のトリコモナスが記載されていますが、病原性が証明されているものは次の2種です。 ●ハトトリコモナス症 T.g...

記事を読む

黒頭病(症状・予防) ~ 水様性・黄緑色の下痢便を排出し、特に幼鳥に激しい

ヒストモナス原虫に対する感受性はクジャクが最も強く、七面鳥はこれにつぎ、鶏は抵抗性が強く、感染しても多くは回復します。また最も抵抗性が強いのはウズラです...

記事を読む

アメーバ症(症状・予防) ~ 急性型では激しい赤痢症状を呈して致死的、慢性に経過すると自然に治癒することもある

赤痢アメーバ症の発症には、宿主の抵抗力の低下、感染株の病原性、腸管内の共存細菌群などの因子が関与します。 軽度感染では症状は明瞭ではないが、重...

記事を読む

ブラジルリーシュマニア ~ 中南米の森林に生息するげっ歯類、ナマケモノ、サルの皮膚のリーシュマニア症の原因虫

ブラジルリーシュマニア:リーシュマニア・ブラジリエンシス(Leishmania braziliensis) 中南米の森林に生息するげっ歯類、ナ...

記事を読む

メキシコリーシュマニア ~ おもに森林性の齧歯類とオポッサムに寄生

メキシコリーシュマニア:リーシュマニア・メキシカーナ(Leishmania mexicana) 西半球(中央および南アメリカ)にのみ分布し、お...

記事を読む

熱帯リーシュマニア ~ 媒介昆虫はPhle-botomus属のサシチョウバエ

熱帯リーシュマニア:リーシュマニア・トロピカ(Leishmania tropica) 東洋瘤腫(乾性皮膚リーシュマニア症:cutaneous ...

記事を読む

ドノバンリーシュマニア ~ 媒介昆虫はサシチョウバエ類(Phlebotomus属)

ドノバンリーシュマニア:リーシュマニア・ドノバニ(Leishmania donovani) カラアザールまたは内臓リーシュマニア症の病原体です...

記事を読む

エバンストリパノソーマ ~ 家畜と実験動物に感染しますが、ラクダ、馬、犬、インドゾウは感受性が強い

エバンストリパノソーマ:(Trypanosoma(Trypanozoon)evansi) スーラ病の病原体です。宿主体内の虫体は細長型(15~...

記事を読む

クルーズトリパノソーマ ~ 媒介昆虫のサシガメの腸内にみられる

クルーズトリパノソーマ:(Trypanosoma(Schizotrypanum)cruzi) ヒトのシャーガス病の病原体です。虫体には3型があ...

記事を読む

ブルーストリパノソーマ ~ 馬、ラクダ、めん羊、ヤギ、犬、猫に寄生

ブルーストリパノソーマ:(Trypanosoma(Trypanozoon)brucei) ナガナ病の病原体で、ヒトの睡眠病の病原体であるガンビ...

記事を読む

Trypanosoma(Megatrypanum)theileri ~ 牛およびウシ科の野生動物の血液に寄生

トリパノソーマ・タイレリ:Trypanosoma(Megatrypanum)theileri Stercoraria群に属し、非常に大形(31...

記事を読む

七面鳥六毛虫 ~ 七面鳥、キジ、ウズラ、アヒルの小腸前部に寄生

七面鳥六毛虫:スピロヌクレウス・メレアグリディス(Spironucleus meleagridis) 体は細長く、後部1/5のところで細くなる...

記事を読む

七面鳥トリコモナス ~ 鶉鶏目の鳥類の盲腸、ときに肝臓まれに血液中にみられる

七面鳥トリコモナス:テトラトリコモナス・ガリナルム(Tetratrichomonas gallinarum) 体は洋ナシ状、7~15 x 3~...

記事を読む

ハトトリコモナス ~ 宿主はおもにハト類ですが、ハトを捕食するタカ、ワシのほか、七面鳥、鶏

ハトトリコモナス:トリコモナス・ガリナエ(Trichomonas gallinae) 体は長楕円形ないし洋ナシ状、5~19 x 2~9㎛ ...

記事を読む

胎子トリコモナス ~ 牛、ときに豚、馬、鹿の生殖器系に寄生

胎子トリコモナス:トリトリコモナス・フィータス(牛生殖器トリコモナス:Tritrichomonas foetus) 虫体は紡錘形ないし洋ナシ形...

記事を読む

ヒストモナス ~ 鶏、七面鳥、クジャク、キジ、ホロホロ鳥などの鶉鶏目の鳥類の盲腸と肝臓の組織に寄生

ヒストモナス:ヒストモナス・メレアグリディス(Histomonas meleagridis)、鞭毛虫類のトリコモナス類に属します。 虫体は形態...

記事を読む

大腸アメーバ ~ ヒトの大腸に寄生しますが、組織内には侵入しない

大腸アメーバ:エントアメーバ・コリ(Entamoeba coli)、ヒトの大腸(おもに結腸)にふつうにみられます。熟練しないと赤痢アメーバと間違えやすい...

記事を読む

赤痢アメーバ ~ 寄生部位は大腸(回盲弁から直腸まで)ですが、他の器官、特に肝臓に寄生

赤痢アメーバ:エントアメーバ・ヒストリティカ(Entamoeba histolytica)、内アメーバ科に属し、生活環の中で3つの型(栄養型、前シスト、...

記事を読む

Entamoeba hartmanni ~ 寄生部位はヒトの大腸ですが、組織侵入性はないと思われます

Entamoeba hartmanni(エントアメーバ・ハルトマニ)、赤痢アメーバに似ていますが、さらに小形です。 栄養型は直径5~14㎛で、...

記事を読む

広告
336×280