若いひなは高齢の鳥よりも食塩中毒による死亡リスクが高い



塩中毒は、過剰な量の塩(塩化ナトリウム、NaCl)の摂取によって引き起こされます。


鶏群の臨床徴候と死亡率および重症度は、摂取された過剰な塩の量と鳥の年齢によって異なります。 若いひよこは塩中毒によって引き起こされる悪影響に対してより敏感であり、高齢の鳥よりも死亡リスクが高い。


低い塩中毒レベル(食餌の0.4%)は、水の摂取量の増加を引き起こし、高レベル(食餌の0.9〜1.2%)の塩を摂取すると、より深刻な臨床徴候と高い死亡率が観察されます。


家禽飼料の推奨塩分は0.2%です。


通常、鶏が新鮮な飲料水を飲めないことに関連していますが、飼料ミルの混合ミスにより、家禽飼料が不適切に混合されるという事故が増加しています。

臨床兆候



●口渇の増加

●歩行困難

●重篤な抑鬱

●衰弱

●痙攣

●仰向けになって足でペダリングする

●首を後ろに曲げる

●協調運動障害

●あえぎ、呼吸困難

●腫れた脚

●下痢

●死亡

治療



●塩源の除去


水と給水源を取り除き、汚染されていない水源の新鮮な水と交換してください。


●支持療法


群れから鳥を隔離し、安全で快適な暖かい場所に置き、新鮮な水と食べ物、またストレスのない生活をさせます。

予防



過剰な塩分を含まないバランスの取れた食餌を摂る

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280