ひな白痢 ~ ニワトリとシチメンチョウに影響を与える急性敗血症性疾患



細菌性白色下痢とも呼ばれるひな白痢病(PD)は、主にニワトリとシチメンチョウに影響を与える急性敗血症性疾患です。サルモネラ属のチフス菌(Salmonella enterica subsp)が原因で、サルモネラ症と総称される数種類の疾患の1つです。PDは現在では商業用家禽ではほとんど発生しませんが、平飼いの鶏群ではかなり一般的です。


PDは主に2~3週齢のひなに発症します。繁殖鶏からの垂直感染した雛はふ化後数週間以内に臨床症状を示し始めます。ヒヨコが熱源の下でうずくまって、かすかなさえずりや、衰弱、食欲不振、発育不良、呼吸困難、下垂した翼などが見られます。また、罹患した雛は白いチョーク様の下痢を付着させることもあります。


下痢はすぐに脱水症状を引き起こし、総排出腔にたまったものは、きれいにしてひなが継続して排便できるようにしないと、閉塞を引き起こす可能性があります。


多くのひよこは病気の経過を乗り切ることができません。一部のひなは回復しますが、ひな白痢の保菌者であり、ストレス時には糞便中の細菌を排出することがあります。もしニワトリが繁殖や産卵の目的で飼養されているならば、それらの卵を通してひな白痢を垂直感染させるでしょう。

伝播



ひな白痢への感染経路は多岐にわたります。


●産卵鶏からその子孫まで

●感染した鶏群との直接または間接的な接触(鳥と鳥の接触、汚染された傷、環境、給餌器、給水器を汚染する糞便の脱落)

●孵卵器または関連機器の汚染

●野鳥、げっ歯類、野生生物、昆虫(ハエなど)

臨床兆候



●食欲不振

●跛行

●成長の鈍化

●微かな囀り

●下痢

●白いチョーク様の糞

●群居性

●下垂した翼

●呼吸困難

●失明

●腫れた関節

治療



●支持療法


●抗生物質


テトラサイクリン、フルオロキノロン


●ホメオパシー・同質療法


白い泡状下痢のひよこは炭酸カルシウム + カルシウム/リン飼料を投与し、緑がかった茶色の下痢の成鳥は硫黄と吐根(トコン)を投与する。

予防



通信販売の孵化場や飼料店から雛を購入するのではなく、代わりに動物保護施設、救護施設、保護施設から鳥を受け入れるか、あるいは繁殖業者から鳥を購入する。


使用前に必ず孵卵器とすべての関連機器を消毒する


げっ歯類や野鳥の糞で汚染された環境への暴露を最小限にする。


適切な防虫対策の実施


死んだ動物の死骸は適切に処分し、鳥が死んだ動物や腐敗した動物と接触しないようにする。

スポンサーリンク
広告336×280