馬のロタウイルス(Rotavirus) ~ 子馬の下痢の主な原因となっています



ロタウイルスは、感染力の高い非エンベロープ型のRNAウイルスで、世界中の子馬の下痢の主な原因となっています。


この病気の重症度は、発症年齢、子馬の免疫系、ウイルスの病原性、暴露の程度などによって異なります。この病気は、感染した子馬の糞尿に子馬が触れることで感染します。


ウイルスの粒子は環境中で最大9ヶ月間生存することができます。

症状



●下痢 (軽度から重度)

●発熱

●腹部膨満

●疝痛兆候

●筋力低下

●脱水

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●ウイルス分離

治療



※特異的な抗ウイルス療法なし

※水分と電解質の補充

予防



※馬のロタウイルスの不活化株を含むワクチンは、子馬の下痢を防ぐために、流行地域の妊娠中の牝馬に投与するために利用できます。

※バイオセキュリティ

予後



●ロタウイルス感染症の死亡率は比較的低い。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280