雄鶏に関連する交尾損傷 ~ 過剰交配により雌鶏が怪我をする場合があります



通常、雄鶏は雌鶏に怪我をさせることなく交尾します。しかし、ある種の鶏は交配中に攻撃的になったり、ある種の鶏と過剰交配したりします。


また、ある種の雄鶏は他のものより攻撃的であることで知られています。研究によれば、「肉」目的で飼育された品種、特に「ブロイラー 」またはコーニッシュ種の交雑種は、交配時に雌に対する攻撃性が高いことが示されています。


雄鶏に関連した交尾損傷の徴候には、鶏の背中上部から脱落した羽毛があり、皮膚損傷の可能性があります。鶏がどのように交配しているかを観察することも、鶏が傷害の原因であるかどうかの重要な指標となります。

雄鶏に関連した交尾損傷の対処法



治療は、鶏の損傷の重症度によります。場合によっては、雌鶏が単に数羽の羽を失っただけで、皮膚の損傷がない場合、背中に鶏用保護エプロンを着用すると、さらなる損傷を防ぐのに役立つかもしれません。


皮膚の損傷があった場合は、鶏を分離して基本的な創傷ケアを行い、皮膚が治癒し羽毛が再生するまで隔離された部屋で回復させるべきです。


鶏用保護エプロンをしても雌鶏を傷つけ続けている雄鶏については、彼らは【単身の群れ】に移動することを考慮するべきです。そこでは、彼らは交尾する雌鶏なしで、他の雄鶏と一緒に住んでいます。

臨床兆候



●頭、背中、または総排泄腔に白斑

●羽毛喪失

●出血

●皮膚および場合によっては筋肉の損傷

●鶏が過度に雌鶏を交尾

治療



●損傷の評価


ちょっと怖いかもしれませんが、少し時間をかけて傷口をよく見てください。


●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスがない安全で快適で暖かい場所で管理します。


●鶏用保護エプロン


鶏を保護するために鶏用保護エプロンを購入する


●管理


雄鶏から離す。

予防



鳥の身体的および精神的な健康状態を評価し、毎日観察する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280