ぺっとくすり

ロニダゾール(Ronidazole) ~ ニトロイミダゾール系抗生物質/抗原虫薬



ロニダゾールはニトロイミダゾール系抗生物質/抗原虫剤であり、ヘキサミタ症、トリコモナス症、ジアルジア症の治療に用いられます。


メトロニダゾールと同じ種類の薬ですが、鳥類のトリコモナス症の治療にはメトロニダゾールよりもはるかに効果的です。また、ロニダゾールは発がん性の可能性があると考えられます。


FDAは米国で食用動物への使用を禁止している。人との接触は最小限にすべきです(常に手袋を着用してください)。

投与量



0.1~0.2g/L飲料水、QD

薬物相互作用



●シメチジン、ケトコナゾールはロニダゾールの代謝を低下させ、神経毒性の発現率を高める可能性がある。


●ロニダゾールは、オキシテトラサイクリン系、フェノバルビタール、リファンピン(リファンピシン)、またはフェニトインと併用してはならない。これらの薬剤は、ロニダゾールの代謝を拮抗させたり、増加させたりします。

スポンサーリンク
336×280