馬の白癬症(Ringworm) ~ 栄養不良の動物または病気のために免疫力が減弱した動物に起きる問題



白癬は、皮膚糸状菌によって引き起こされる、表在性で伝染性の高い真菌性皮膚感染症です。


皮膚糸状菌は、ケラチンを栄養源として利用する能力を持っています(つまり、独自の酵素能力[ケラチナーゼ]を持っています)。


皮膚糸状菌にはいくつかの異なる種や株があり、そのため感染の種類や重症度は馬によって異なるとされています。


皮膚糸状菌の中には動物親和性のある種もあり、馬だけでなく、ヒトや他の動物にも感染を引き起こすことができるということです。


特定の動物種は、特定の皮膚糸状菌種に感染しやすい。


馬の場合、最近の研究では、皮膚糸状菌の種類ごとに馬の特定の部位に侵入し、それぞれ固有の反応を起こす傾向があることがわかっています。


白癬は世界中の馬に発生する可能性がありますが、寒くて乾燥した地域よりも、暑くて湿度の高い地域でより多く発生しています。


また、皮膚糸状菌は、ケラチナーゼと呼ばれる酵素を産生し、馬の皮膚や毛の外層にある保護膜を破壊して侵入し、感染を成立させます。


白癬は、円形の脱毛部、鱗屑、痂皮形成を生じることが特徴です。馬の体のどこにでも発生する可能性がありますが、顔、下肢、胴回り、肩、胸部に発生することが多いです。

伝播



白癬菌は容易に感染し、他の感染した動物、昆虫、ヒト、土壌、媒介物(ブランケット、グルーミング用品など)の皮膚に直接または間接的に触れることで発症します。


この菌は、鞍帯上で12ヶ月間生存することが知られています。

潜伏期間



白癬の潜伏期間は数日から数週間と様々です。

症状



●円形で無毛の皮膚病変

●痂皮形成と鱗屑

●脱毛部位

●皮膚の色は灰色がかった白色

●胴回りまたは鞍部に認められる病変

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●真菌皮膚培養

治療



※外用療法 : いくつかの外用クリームや経口抗真菌治療薬があります。

予防



※バイオセキュリティ

※バランスのとれた食事の維持

※馬具、毛布、タオルなどを別の馬主や他の動物と共有しない。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280