牛白癬(Ringworm) ~ 皮膚糸状菌によって引き起こされる伝染性の真菌性皮膚感染症



白癬は、皮膚糸状菌によって引き起こされる伝染性の真菌性皮膚感染症です。


トリコフィトン・エキナム(Trichophyton equinum)は、牛の白癬の原因となることが最も多い皮膚糸状菌です。


皮膚糸状菌は、ケラチナーゼと呼ばれる酵素を産生し、牛の皮膚と毛の外層にあるバリアを破壊して感染を成立させます。


白癬は、顔面、特に眼の周囲、耳、頸部、尾根部などにフケが増加し、円形に脱毛します。症状は皮膚に限局し、円形脱毛部分の皮膚が盛り上がって白っぽく肥厚した病変がみられるようになります。


牛の体のどこにでも発生する可能性がありますが、ほとんどの場合、顔、脚、腹、肩、胸に発生します。


伝播:白癬は容易に感染し、他の感染動物、昆虫、ヒト、土壌または媒介物の皮膚に直接または間接的に接触することで発生します。


また、この真菌は環境中で最長12カ月生存することが知られています。


潜伏期間:白癬の潜伏期間は数日から数週間です。

症状



●円形脱毛部分の皮膚が盛り上がって白っぽく肥厚した病変

●円形の脱毛

治療



※局所療法:2%石灰硫黄合剤

予防



※バイオセキュリティー

※バランスのとれた食餌の維持

※ストレスの軽減

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280