白癬 ~ 鶏冠や肉垂に白い粉状の斑点としわのある痂皮を形成します



白癬(はくせん)は、真菌、特に皮膚糸状菌と呼ばれる真菌による皮膚感染症です。鳥類に感染する最も一般的な皮膚糸状菌はミクロスポルム・ガリナエ(Microsporum gallinae)とTrichophyton meginiです。


感染したニワトリは最初白い粉状の斑点としわのある痂皮を形成し、鶏冠や肉垂、時には脚に沿ってかさぶたができます。感染が進行すると、真菌が頭部の他の部分に広がり始め、皮膚が厚くなり、かさぶたのようになってうろこ状になります。長期にわたる場合や重症例では、くちばしやまぶたに永久的な損傷を与えることがあります。

伝播



皮膚糸状菌は、他の感染鳥、動物、昆虫、ヒト、土壌、または媒介物(機器・物品・衣服等。)の皮膚に直接または間接的に接触することで鶏に伝播します。

白癬の治療方法



通常、白癬の治療には、市販の基本的な抗真菌薬の外用が有効です。薬は粉末、軟膏、クリームがあります。鳥の患部に直接適用します。

臨床兆候



●白い粉状の鶏冠と肉垂

●頭部周囲の肥厚した痂皮

治療



●ミコナゾール


1日2回、感染がなくなるまで外用する。


●ポビドンヨード


1日1回、症状がよくなるまで局所に塗布してください。


●エニルコナゾール


感染が消失するまで局所的に塗布します。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280