リフトバレー熱(Rift Valley Fever) ~ 幼若な個体は最も感染しやすい



リフトバレー熱(RVF)は、リフトバレー熱ウイルス(RVFV)が媒介する人獣共通感染症です。RVFVはネガティブセンスの一本鎖RNAウイルスで、フレボウイルス属のブニヤウイルス科のウイルスです。


RVFはサハラ以南のアフリカ諸国の風土病で、主にヒト、ヒツジ、ヤギ、ウシが罹患し、高い流産率と新生児死亡率を特徴としています。


幼若な個体はRVFVに最も感染しやすくなっています。


伝播:RVFは、蚊、サシチョウバエ、その他の吸血性昆虫の刺咬を介して感染します。また、感染した動物の血液や組織との接触によっても感染します。


潜伏期間:臨床徴候に暴露されてからの潜伏期間は1~6日です。

症状



●発熱

●リンパ節炎

●鼻汁

●目やに

●血便を伴う下痢

●嘔吐

●流産

治療



※具体的な治療法はありません : 支持療法

予防



※バイオセキュリティ

※防虫剤

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280