リフトバレー熱(Rift valley fever) ~ 主にヒト、ヒツジ、ヤギ、ウシに影響を与えます



リフトバレー熱(RVF)は、リフトバレー熱ウイルス(RVFV)が媒介する人獣共通感染症です。


RVFVはネガティブセンスの一本鎖RNAウイルスで、Bunyaviridae(ブニヤウイルス科)の一種で、フレボウイルス属に属しています。


RVFはサハラ以南のアフリカ諸国の風土病であり、流産と新生児死亡率が高いことが特徴で、主にヒト、ヒツジ、ヤギ、ウシに影響を与えます。若い動物はRVRVに最も感染しやすいです。


伝播:RVFは蚊や他の吸血性昆虫の刺咬を介して、また感染動物の血液や組織との密接な接触を介して伝播します。


潜伏期間:臨床徴候への暴露からの潜伏期間は1~6日です。

症状



●粘液膿性鼻腔分泌物

●流産

●発熱 (40~42℃)

●下痢

●食欲減退

●呼吸数の増加

●衰弱

●倦怠感

●腹痛

治療



具体的な治療法はありません : 支持療法

予防



※予防接種

※バイオセキュリティー

感染症の伝染のリスクを最小限に抑えるために、動物や植物への有害な生物の侵入や拡散を防ぐことを目的とした対策。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280