ルバーブ ~ ルバーブの葉は複数の有毒物質を含んでいる   



ルバーブ (レウム・ラバルバルム:Rheum rhabarbarum) 和名はショクヨウダイオウ(食用大黄)は、多肉質の大きな根茎と長く太い葉柄と大きな葉を持つ多年草です。


茎を目的として栽培されることが多く、世界中のスーパーマーケットでよく見かける野菜の一種です。


ルバーブには、大量のシュウ酸のほか、アントラノイド(anthranoids)、特にアントラキノン配糖体(anthraquinone glycosides)、アロエエモジン(aloeemodin)、フィシオン(physcion)、タンニン(tannins) (5~10%)、ペクチン(pectin)、フェノール(phenolic)、およびカルボン酸(carboxylic acids.)が含まれています。


植物中のシュウ酸の量は、成長段階、季節、干ばつや曇天、多雨などの環境条件によって大きく異なります。


シュウ酸は血液中のカルシウムと結合して不溶性シュウ酸カルシウム結晶を形成し、腎臓に沈着して急性腎不全を引き起こすことがあります。

症状

急性腎不全

この記事のURLとタイトルをコピーする
スポンサーリンク
336×280
キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280