眼球肥大網膜症 ~ ロードアイランドレッド種鶏の失明



眼球肥大網膜症(RGE)は、ロードアイランドレッド種鶏に影響を与える常染色体劣性疾患です。この病気は進行性の網膜変性を特徴とし、4週齢までに失明します。


1980年初期には、英国のいくつかの商業用鶏群の鶏の約0.2%にRGEが認められました。影響を受けた鶏は、瞳孔の光反応が悪く、白内障を発症します。

臨床兆候



●失明

治療



●支持療法

ニワトリの失明 ~ 障がいを持って生まれたりしたニワトリでも幸せで健康的な生活を送ることができる
    ときに、ニワトリは失明したり、目がなくても孵化したり、片目または両目の病気や損傷の…
スポンサーリンク
336×280