ベニカエデ中毒(Red Maple Toxicosis) ~ 枯れた葉や部分的に乾燥した葉を摂取すると中毒を起こします



ベニカエデ(アケル・ルブルム:Acer rubrum)の枯れた葉や部分的に乾燥した葉を摂取すると、赤血球に深刻な酸化的ダメージを与え、メトヘモグロビン血症や溶血性貧血を引き起こすため、馬にとって致命的となる可能性があります。


体重1kgあたり1.5~3gの葉を摂取すると(平均的な450kgの馬では0.7~1.5kg)、溶血性貧血を起こします。


ベニカエデの葉に含まれる毒素は没食子酸(もっしょくしさん)とタンニンで、馬の胃の中でピロガロールに変化します。


葉に含まれる量は、葉の分解段階、ベニカエデの品種(交配種を含む多くの種類がある)、環境条件などによって異なります。調査研究によると、古い葉ほど即効性のある毒であることがわかっています。


そのため、8月に枯れ始めた葉よりも、9月中旬以降に枯れた葉の方が馬への毒性が高いと考えられます。


また、春にベニカエデの葉を食べて馬が中毒になったという事例も報告されていますが、頻度は低いようです。枯れた葉は数週間毒性が残ります。


中毒事故の多くは、臨床症状が出る3~4日前に強い嵐が発生したことと関連していると言われています。嵐の際には、強風によって馬の放牧地の木の枝が倒される可能性が高くなります。

症状



●抑鬱

●嗜眠

●暗赤色尿

●暗褐色の粘膜

●仙痛徴候

●頻脈

●蹄葉炎

●筋力低下

●食欲不振

●腹部の音の減少

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●臨床検査

治療



※晶質液の静脈内投与

通常必要

※輸血

通常必要とされます。

※ビタミンC

高用量

※超精製ウシヘモグロビン (PBHg)

回復を助ける

※鼻腔内酸素

場合によってはメリットがあるかもしれません。

※アセチルシステイン (滅菌ネブライザー溶液)

輸液との混合

※ミネラルオイルの経鼻胃管投与

※活性炭

予防



※馬の放牧地やその近くにアカエゾマツを植えないでください。

※嵐の後の牧草地を定期的に歩く

※近くに植えられている木や、馬の放牧地に植えられている木をすべて特定する。

予後



●死亡率は60%です。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280