赤い飛節(ひざ)の腫れ ~ 孵化したてのひなに見られる脚の変形



飛節の腫れは孵化したてのひなに見られる脚の変形です。うっ血した血管と血液のうっ滞から成り、孵化中の生理的ストレス、または骨の横もしくは長軸に沿った直接的な衝撃による外傷により生じます。赤い飛節の腫れがみられるひなは、脚が弱ってしまいがちです。


現在はブロイラーと呼ばれる鶏種によく見られ、ブロイラーは1950年以降、食肉、特に胸肉を迅速に生産するために家禽業界によって遺伝子操作されてきました。


長年の繁殖を経て、食肉業界は卵から孵化して6週間以内に、胸の面積が80%も大きく、通常のほぼ2倍の大きさのニワトリを開発しました。飛節の腫れは、成長率とサイズ・比率のこの不自然な結果として起こるいくつかの健康問題と障害の1つにすぎません。


飛節の腫れはニワトリにとって重大な福祉問題で、その障害のために、鳥が脚を使うことは非常に苦痛です。2008年に5万羽のニワトリを対象に行った調査によると、40日齢までにニワトリの27%以上が歩行困難で、ニワトリの3.3%は歩くのがやっとでした。また、40日目の検査日以前の個体数「淘汰された鶏」は含まれません。

臨床兆候



●ひざの病変

●発赤(赤み)

治療



●支持療法

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280