息労(Heaves) ~ 慢性呼吸困難を呈する疾患



息労とは、回帰性気道閉塞(RAO)とも呼ばれ、主に高齢馬に呼吸器系の問題を引き起こす慢性炎症性疾患です。


人間の慢性閉塞性肺疾患(COPD)に似ていると考えられていたため、以前はCOPDと呼ばれていましたが、最近の研究では、人間の喘息に近いことがわかってきました。


米国獣医内科学会(ACVIM)では、最近、息労、炎症性下気道疾患(IAD)、夏季牧草関連性閉塞性肺疾患(SPAOPD)をまとめて、”馬喘息症候群:equine asthma syndrome”と呼んでいます。


息労を発症した馬は、慢性的な咳や鼻汁、そして運動や呼吸が困難になります。


この病気は、気道の狭窄と痙攣(気管支収縮と気管支痙攣)、および過剰な粘液分泌を伴うのが一般的です。


気道閉塞、炎症および関連症状の重症度は馬によって大きく異なります。


最近の研究では、馬の血漿コルチゾール濃度はRAOの急性増悪と同時に上昇することが確認されており、RAOではハプトグロビンが急性および慢性の全身性炎症のマーカーであるのに対し、高濃度のSAAは急性炎症を示します。

リスク要因



危険因子は、屋内外のアレルゲン(ダニ、花粉、粉塵、エンドトキシン、カビ胞子、マイコトキシン)やリポ多糖 (LPS) のような刺激物など、喘息のヒトで見られるものと同様です。


RAOの馬は、貯蔵された干し草に一般的に見られる塵埃およびカビへの曝露に対して非常に感受性が高い傾向があります。有害なガスや高湿度も誘因となります。

息労の診断方法



息労の診断は、胸部X線写真、細胞診を伴うBAL(気管支肺胞洗浄)、CBCおよび/または血液化学検査によって行われます。

治療の選択肢



息労の治療法はありません。治療目標は、肺機能の改善と臨床的寛解を誘導することを目的としています。治療法としては、コルチコステロイド、気管支拡張剤、抗原への曝露を減らすこと(畜舎の環境、飼料、敷料、貯蔵された干草などから出る粉塵への曝露を減らす)などがあります。


抗ヒスタミン薬も有効ですが、馬によっては長期的なコントロールにはあまり効果がないことがわかっています。

症状



●喘鳴、断続性ラ音または気管のラ音

●呼吸窮迫

●激しいせき (特に運動時)

●鼻汁

●発赤した鼻孔

●体重減少

●運動不耐性

●安静時の呼吸の異常または困難

●腹斜筋肥厚に伴う息労線

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●気管支肺胞洗浄液(BALF)

●内視鏡検査

●超音波

●X線写真

治療



※管理の変更 (粉塵への曝露を最小限に抑える)

干し草を湿らせる(浸すのとは違う)、低粉塵の飼料に切り替える、放牧を増やす、低粉塵の敷料に切り替える、牛舎内の空気の流れを良くする、換気を行う。

※コルチコステロイド (経口投与)

プレドニゾロン、デキサメサゾン

※気管支拡張薬

吸入アルブテロール、ブスコパン、クレンブテロール

※抗ヒスタミン薬

セテリジン

※鼻腔内酸素

※オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸のサプリメントを与えると症状の軽減に役立つ

予防



※ほこりやカビへの暴露と馬房で過ごす時間を減らします。

※埃の少ない敷料を使う。

※放牧を増やす。

※丸い干し草の俵ではなく、四角い干し草の俵を与える。

※馬が中にいる間は、納屋の通路を掃除してはいけません。

※風通しのよい畜舎を設計する。

※畜舎内の空気環境レベルを定期的に検査する。

※カビの生えた干し草を馬に与えない。

予後



馬がホコリの多い環境にさらされることが少なくなれば良好

スポンサーリンク
336×280