ライリエティナ・テトラゴーナ(Raillietina tetragona) ~ 条虫症



ライリエティナ・テトラゴーナ:Raillietina tetragonaは、ニワトリの内部寄生虫として知られる条虫の一種です。


R.tetragonaは、長さ100~250mmの扁平で分節したリボン状の蠕虫で、ニワトリの消化器系に寄生し、最も一般的には腸管下部に見られます。


ライフサイクル:R.tetragonaは、中間宿主として甲虫をを中間宿主とする間接的な生活環を持っています。


ニワトリは、感染したニワトリまたは感染したアリの糞便中に排出されるR.tetragonaの虫卵を摂取することによって感染します。

分類



目:円葉目(Cyclophyllidea)

科:ダベン条虫科(Davaineidae)

属:ライリエティナ(Raillietina)

宿主



●鶏

関連疾患



●条虫症

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)