ライリエティナ・マグニヌミダ(Raillietina magninumida)



ライリエティナ・マグニヌミダ:Raillietina magninumidaは、特にニワトリの内部寄生虫である条虫として知られています。


R.magninumidaは、200~340mmの長さの扁平で分節したリボン状の蠕虫であり、ニワトリの消化器系に寄生し、最も一般的には腸管下部に見られます。


ライフサイクル:R.magninumidaは、甲虫を中間宿主とする間接的な生活環を持ちます。


ニワトリは、感染したニワトリまたは感染した甲虫の糞便中に排出されるR.magninumidaの虫卵を摂取することによって感染します。

分類



目:円葉目(Cyclophyllidea)

科:ダベン条虫科(Davaineidae)

属:ライリエティナ(Raillietina)

宿主



●鶏

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)