馬の狂犬病(Rabies) ~ ヒトや馬などの哺乳類の中枢神経系に影響を及ぼす致死的なウイルス性疾患



狂犬病は、ヒトや馬などの哺乳類の中枢神経系に影響を及ぼす致死的なウイルス性疾患です。この病気は、脳と脊髄に進行性の炎症を引き起こし(脳炎と呼ばれる)、死に至ります。


狂犬病は、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、中東、アジアの大部分を含む世界のほとんどの地域で発生します。オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、日本、シンガポール、パプアニューギニア、太平洋諸島には狂犬病は存在しません。


しかし、オーストラリアには、狂犬病と類似した関連ウイルスである「オーストラリアコウモリリッサウイルス」が存在しています。


どちらのウイルスもラブドウイルス科に属しています。


ワクチンがあるため、馬の狂犬病は比較的珍しい。しかし、狂犬病のワクチンを接種していない馬は、狂犬病にかかる危険性があります。


また、狂犬病の治療法はありません。


この病気は、ヒトを含むすべての感染した動物に対して100%致命的です。そのため、毎年、馬に狂犬病のワクチンを接種することが非常に重要です。

狂犬病の臨床徴候



狂犬病の臨床症状は、脳内のどこで感染が起こるかによって様々です。


最も頻繁に見られる徴候は、突然の行動変化であり、その後、進行性の麻痺、昏睡、そして死に至ります。狂犬病の経過は早く、4~7日、時にはそれ以下。狂犬病は必ず死に至ります。

狂犬病の感染経路



馬が狂犬病ウイルスに感染するのは、感染した(狂犬病にかかった)動物の唾液に触れることによってであり、通常は噛まれることによって起こります。


哺乳類であれば誰でも狂犬病に感染する可能性がありますが、馬にとって脅威となる最も一般的な宿主は、アライグマ、スカンク、野犬、キツネ、オポッサム、コウモリ、マングースなどです。


馬は通常、鼻、顔面および下肢を咬まれます。


一度咬まれると、ウイルスは神経を介してウマの脳に移動し、そこで急速に進行する致死的な脳炎を引き起こします。


狂犬病への曝露と伝播は、ウイルスが咬傷、皮膚の開放創または唾液もしくは神経組織などの感染性の可能性のある他の物質から粘膜に侵入した場合にのみ起こります。

馬の狂犬病の潜伏期間



馬の狂犬病の潜伏期間は、体のどの部分を噛まれたかによって2~10週間と異なります。馬の平均潜伏期間は12日です。

症状



●行動の変化

●嗜眠

●攻撃性

●過敏反応

●極度の興奮

●抑うつ

●旋回/回転神経症状

●運動失調

●頭部の傾斜または押しつけ

●上行性麻痺

●尾の筋力低下

●起き上がることができない

●膀胱失禁

●痙攣

●歯ぎしり

●唇を前後に引く

●唾液分泌過多

●咽頭麻痺

●異常な発声

●跛行、歩行困難

●食欲不振

●発熱

診断



●病歴

●臨床兆候

●剖検-脊髄の出血性軟化症

●脳の蛍光抗体検査

獣医さんを待っている間



狂犬病の疑いがある馬の取り扱いには注意が必要です。また、馬と接触する人は、アイゴーグル、フェイスシールド/マスク、手袋などの保護具を着用してください。

治療



※現在ワクチンを接種している馬が狂犬病動物にさらされた場合

獣医師による即時の再接種が必要です。狂犬病の臨床症状が現れるまで、45日間の厳重な観察(公衆衛生当局の指示に従う)が必要。

※ワクチン接種を受けていない馬が狂犬病にかかっている可能性がある場合

馬の所有者は、直ちに公衆衛生当局に連絡してください。


公衆衛生当局は、曝露したワクチン未接種の動物の監視や処分に関する要件や条件を定めているはずです。これらの担当者は、曝露した馬にどのような選択肢があるかを決定します。


これらの選択肢には、馬の隔離や曝露後の即時免疫化などが含まれます)。また、その馬を直ちに安楽死させることもできます。

予防



※成馬は1年に1回は確実にワクチンを接種しましょう。

※野生動物や家畜の侵入を制限するワイヤーフェンスを使用して、馬の放牧地をフェンスで囲います。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280