側副軟骨壊死症(Quittor) ~ 蹄骨の側副軟骨が壊死を起こす疾患



側副軟骨壊死症は、蹄骨の側副軟骨の壊死と感染です。


側副軟骨壊死症は、蹄冠またはその直上の領域に慢性的な化膿性(時には断続的)の分泌物があることが特徴です。蹄の感染した深部組織から皮膚を通って蹄冠まで、1つまたは複数の洞道が伸びることがあります。


側副軟骨壊死症は、蹄の蹄冠または繋部の上にある足の外傷によって起こります。

側副軟骨壊死症の治療



側副軟骨壊死症の治療には、壊死組織および感染組織の外科的切除、抗菌薬投与および支持療法が必要です。


マゴットセラピー(蛆(うじ)虫治療のこと)は、死んだ組織や感染した組織の除去にも役立ちます。

症状



●蹄冠のすぐ上の傷口からの膿性の分泌物

●腫れ

●炎症

●蹄壁の変形

●跛行

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●レントゲン写真

治療



※手術

壊死した軟骨の切除

※抗生物質療法

※マゴットセラピー

予防



※装蹄師による定期的なメンテナンス

※全ての刺創またはその他の偶発的な損傷であれ可及的速やかに洗浄し、必要に応じて抗菌薬の足用スプレーおよび湿布を使用して治療すべきです。

予後



●通常は良好ですが、再発の可能性もあります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280