ピロリジジンアルカロイド(Pyrrolizidine alkaloid toxicity) ~ ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因



ピロリジジンアルカロイド(PA)の毒性は、ヤギの慢性肝疾患の一般的な原因です。これは、PAを含む植物を繰り返し摂取することによって引き起こされます。


PAを含む植物は6,000種類以上あります。


これらの植物の多くは、特定の地域では有害雑草とみなされています。つまり、豊富に生育しており防除が困難な場合があることを意味します。


PA含有植物内の毒素濃度は、植物の生育段階、土壌培地、環境条件(干ばつ、霜、洪水)、除草剤の散布、季節、植物の部位などの多くの要因によって変動します。


毒素濃度は、発芽期と開花期に最も高くなる傾向があります。


苦味があるため、PAを含む植物は一般的にヤギは避けます。しかし、牧草が少なく、これらの植物が多く含まれている牧草地では、ヤギがこれらの植物を食べる可能性が高くなります。


また、牧草にPAを含む植物が混ざっていると、ヤギはその存在に気づかないことが多い。汚染された干し草を繰り返し摂取することは、ヤギが中毒を起こす最も一般的な原因です。


毒性は生涯にわたって累積的に発生します。ヤギは、肝疾患を発症する前に、PAを含む植物を体重の2%から5%摂取しなければなりません。これは多くの場合、最初に摂取してから臨床症状が現れるまでに数週間から数ヶ月かかることが多い。


残念なことに、臨床徴候が明らかになるまでに、ヤギはすでにその肝機能の80%以上を失っています。

症状



●食欲減退

●感光性

●行動の変化

●黄疸

●腹部の浮腫

●あくびを繰り返す

●呼吸困難

●体重減少

●仙痛

●協調が欠けた動き

●抑うつ

●発熱、筋肉痛、倦怠感、嘔吐

●下痢

治療



※ビタミンEによる抗酸化療法

※S-アデノシルメチオニン (SAMe)

※オオアアザミ(ミルクシスル)エキス

※ペントキシフィリンによる抗炎症・抗線維症治療

※輸液療法による支持療法

※食餌の変更:高エネルギーおよび適切なタンパク質飼料

予防



※ヤギに与える前に、汚染された雑草が紛れ込んでいないか必ずチェックする。

※牧草地を適切に維持し、定期的に散歩する。

※PAを含む可能性のある植物がないか、定期的に牧草地を調査します。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280