ピロリジジンアルカロイド毒性 ~ 毒性を含む植物をニワトリが摂食することによって急性中毒になる可能性



ピロリジジンアルカロイド(PA)毒性は、ピロリジジンアルカロイドを含む植物をニワトリが摂食することによって生じます。大量に摂取すると急性中毒になる可能性がありますが、多くの場合、慢性中毒の結果であり、毒性のある植物を摂取した後、臨床徴候が現れるまでに数週間から数カ月を要します。また毒性は生涯を通じて蓄積されます。


PAは6000以上の植物種に存在する植物毒素のクラスに属します。ニワトリおよびその他の家畜の中毒症例で最もよく知られている原因には以下のものがあります。


●ヒレハリソウ(鰭玻璃草、領巾張草:コンフリー )

●ヤコブボロギク(ヤコブ襤褸菊)

●シソ科、またはワスレナグサ科の植物 Fiddleneck (Amsinckia menziesii)

●オオルリソウ属セイヨウタンポポ

●シャゼンムラサキ(車前紫)

●キダチルリソウ(木立瑠璃草)

●クロタラリア・スペクタビリス(マメ科)


PA毒性は肝疾患を引き起こします。 肝疾患の鶏は、最初は臨床症状を示さない場合があります。または、症状が非常に曖昧になり、他の疾患と混同または誤解されることがよくあります。 毒性はすべての年齢および品種のニワトリで発生しますが、鶏群すべてが肝障害の兆候を示すわけではありません。

臨床兆候



●食欲不振

●嗜眠

●神経行動異常

●過度の飲水

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えて安全で快適で暖かい場所で管理します。また、ストレスを軽減します。

予防



どの植物がPAを含んでいるかを特定する方法を学び、それらの存在について敷地を定期的に検査する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280