テフロン中毒 ~ 鳥類はテフロンの毒性影響を非常に受けやすい



テフロンとも呼ばれるポリテトラフルオロエチレン (PTFE) は合成ポリマーまたは合成樹脂で、周囲の空気中に数種のガスを含みません。PTFEはテフロンの商品名で市販されています。高温または閉鎖環境でのPTFEへの曝露に関連したヒトにおける中毒の多くの事例があり、そこではポリマーヒューム熱またはテフロンインフルエンザと呼ばれています。


しかしながら、ヒトとは対照的に、鳥はその感受性の高い呼吸器系のために、特に密閉された環境に閉じ込められた場合や、熱電球、火、または非粘着性の鍋での調理のような高温にさらされた場合には、PTFEの毒性影響を非常に受けやすい。


鳥の呼吸器系は、吸入された空気中に含まれるガスの濃度を増加させる一方向性の気流で構成され、最大の効率を得るように設計されています。このように、鳥がPTFEガスを吸入すると、有毒ガスの濃度が実際に上昇します。


製品から放出された有毒ガスは毛細血管内皮細胞を傷害し、体液や血液を気道に漏出させます。これにより体内の酸素供給量が減少し、窒息死に至ります。


PTFEは多くの製品で使用されており、その中には次のようなものがあります。


●コンピュータ用配線(中継線、同軸ケーブル)

●焦げ付き防止調理器具

●アイロン台カバー

●熱電球

●アウトドアウェアや馬の毛布に使用される防水布。

●防汚加工品

●人間の摩擦による水ぶくれ、角質、足の潰瘍を予防、緩和するために使用される整形外科用の履物やその他の医療機器。

臨床兆候



●呼吸困難

●開口呼吸

●横向きに寝る姿勢

●協調運動失調

●痙攣

●急死

治療



●支持療法


ニワトリを、PTFEやタバコの煙を含む製品を含まない、換気と空気の流れが良い開放的な場所に移動します。 また、ストレスを最小限にします。

予防



●常温でもPTFEを含む製品に鳥をさらさないでください。

●テフロンを使用した電球や一般的な電球は使用しないでください。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280