近位繋靭帯炎(Proximal Suspensory Desmitis (PSD)) ~ 競走馬によく見られる怪我で前肢や後肢に発生



近位繋靭帯炎:深管骨瘤(PSD)は、繋靭帯(中骨間筋)と第3中手骨の繋靭帯付着部における炎症に起因するものです。競走馬によく見られる怪我で、前肢や後肢に発生します。

下肢のPSD



中足趾節関節が過度に伸展している馬は、後肢にPSDが発生する危険性が高い。


ほとんどの馬は4歳から10歳までの運動能力の高い馬です。サラブレッドとサラブレッドの交配種がこの損傷を受けることが多いです。


後肢のPSDは、馬の急性または慢性の後肢の跛行を引き起こします。


跛行は、馬が運動しているときに最も明らかになります。運動中の馬を観察すると、罹患馬は通常、歩幅の前方短縮、足の飛行弧の減少を示します。

症状



●持続性の軽度から中等度の跛行の潜行性または突然の発症

●パフォーマンス(運動能力)の低下

●足の飛距離の低下

●後肢の運動機能の低下

●前に進もうとしない姿勢

●ジャンプを拒否する

●凝り

●ジャンプ時のパワー不足

●馬場馬術の動作が難しい

治療



※馬房での休息とリハビリプログラム


通常、長期間の馬房での休息を必要とし、その後、徐々に運動を再開する必要があります。


リハビリプログラムは、怪我の部位や重症度、馬の使用状況やトレーニングレベルに応じて、個々の馬に合わせて調整されます。


※衝撃波療法

※低出力体外衝撃波治療(RADIAL PRESSURE WAVEセラピー)

※再生医療セラピー

幹細胞治療

※手術

予後



※急性の損傷は一般的に良好な結果をもたらし、90%の馬は保存的な管理で完全な運動機能に戻ります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280