捕食者の攻撃 ~ 小型の鶏種、若鶏、成長中の若鶏はリスクが高い



ニワトリには野生動物と家畜の両方の捕食者が多数います。あらゆる大きさの鶏は攻撃を受けるリスクがありますが、小型の鶏種、若鶏、成長中の若鶏はリスクが高いです。


群れを襲った捕食者、鳥の数、時間、その他の変動要因によっては、攻撃を受けても生き延びる鳥がいることもありますが、そのほとんどが、事件後に何らかのショックを受けています。


これらの鳥は攻撃した動物によって傷つけられたかもしれないし、傷つけられなかったかもしれませんが、その可能性は攻撃した動物の種類や群れの中の鳥の数によって異なります。


捕食者は歯、爪、体重を使って鶏を攻撃しますが、生還した鳥は、表面的な皮膚の損傷から広範囲にわたる損傷まで、あらゆるものに身体的に耐えてきた可能性があります。


生存しているニワトリは外傷を受けており、事件後数日から数カ月間、ショックおよび精神的苦痛の徴候を示すことがあります。


動物の咬傷は、骨折、脊椎損傷、靭帯破裂、および重要臓器や身体組織の損傷を引き起こす可能性があります。生命を脅かすけがはすぐに治療しなければなりません。異物によるさらなる汚染を防ぐために、創傷は滅菌包帯で覆うべきです。


攻撃する動物によって加えられた歯の力は、皮膚の穿刺創として表面にのみ現れます。しかし、ニワトリの体は羽毛で覆われているため、歯が組織の深い層を貫通してもそのように見えることはなく、軽度の表面損傷は容易に隠すことができます。


歯がより深い組織に突き刺さると、細菌が侵入する死腔ができます。また、動物の口腔には、さまざまな種類の細菌や真菌がたくさん含まれています。


捕食者による攻撃の治療法は、攻撃の種類、損傷の程度、攻撃を受けた鶏の全体的な健康状態によって異なります。主なケア方法は、早期の医学的管理、創傷の洗浄、包帯による創傷の保護などがあります。


攻撃した動物の口や爪には病原性細菌が豊富に存在するため、好気性菌と嫌気性菌の両方をカバーする広域スペクトル抗生物質が必要です。


ネコおよびイヌは、ニワトリの伝染性の高い敗血症性疾患である家禽コレラを引き起こす病原体であるPasteurella sppを含む大量の細菌を保有していることが知られています。猫にかまれた場合に感染する確率は、犬にかまれた場合の2倍です。


しかしながら、抗生物質は、創傷の適切な洗浄および創面切除の必要性に代わるものではありません。動物の攻撃を受けても生き延びた鶏は、最初は無害に見えるかもしれませんが、数日後には非常に具合が悪くなるかもしれません。

臨床兆候



●広範囲にわたる裂傷

●斬首

●行方不明の鳥または卵

●飛散した羽毛

●かみ傷

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与えてストレスのない安全で快適で暖かい場所で管理します。


●創傷ケア


出血を止め、大量の温滅菌生理食塩水または0.05%クロルヘキシジンを用いて洗浄し、創傷を徹底的に洗浄する。


●抗生物質


特に猫や犬などの肉食動物にかまれた場合は、すぐに抗生物質を投与します。猫や犬などの肉食動物の口腔内によくみられる細菌であるパスツレラ・ムルトシダ(Pasteurella multocida)にはペニシリンが有効であるため、可能であればペニシリンを使用すべきです。


●捕食者からの防御


空や地面からの捕食者から家禽を安全に保つ囲いを設置します。

予防



●管理:鶏を中に閉じ込めておく

●セキュリティ:モーションセンサーライト、音響機器の設置、または鶏を保護する訓練を受けた番犬の使用

●旗、風車、かかし、または擬人化した捕食鳥を立てる。

●忌避剤:化学・フェロモン忌避剤を利用する。

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク

水鳥専用ペレット飼料
スポンサーリンク
広告336×280