灰白質脳軟化症(Polioencephalomalacia) ~ 反芻動物に見られる神経疾患



大脳皮質壊死症(CCN)とも呼ばれる灰白質脳軟化症 (PEM) は、反芻動物に見られる神経疾患であり、複数の要因によって引き起こされます。


その1つは、体内のチアミンの枯渇です。チアミンはブドウ糖代謝の重要な化学物質であり、欠乏すると神経活動を最も脅かします。


チアミンの状態の変化に加えて、高硫黄摂取との関連がPEMの潜在的な原因として観察されています。他の毒性または代謝性疾患(例えば、急性鉛中毒、ナトリウム中毒/水分欠乏)もPEMを引き起こす可能性があります。


PEMと診断された牛、羊、山羊、およびその他の反芻動物は、治療せずに放置すると、弓なり緊張、皮質盲、運動障害、そして最終的には死亡します。


PEMは、高濃度の穀物を含む食餌を与えている若い動物で最も頻繁に見られます。


PEMの危険因子には、食餌の突然の変化、糖蜜やカビの生えた干し草を大量に含む馬の飼料の摂取、離乳に伴う食餌ストレス、レバミゾールまたはチアベンダゾールによる駆虫、シダ植物の摂取、アンプロリウムの過剰摂取などがあります。

症状



●元気消沈

●食欲不振

●心拍数低下

●皮質盲

●見当識障害

●行動の変化

●筋振戦

●過興奮

●発熱、筋肉痛、倦怠感、嘔吐

●運動失調

●横臥

●痙攣

治療



※チアミン投与による支持療法

予防



※適切な量のチアミンで食餌が十分であることを確認する。

※牧草地でシダにさらされるリスクを最小限に抑える。

※カビの生えた干し草や馬の餌を与えない。

※徐々に母親から離乳する。

※ビール酵母で食餌を補う。

キジと水鳥 仲田幸男
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280