ドクニンジンの毒性(Poison hemlock toxicity) ~ 植物のすべての部分に毒性があります



ドクニンジン(コニウム・マクラツム:Conium maculatum)は、ヨーロッパや西アジアが原産の一年草または二年草です。


アメリカやオセアニアには観賞用として導入されています。C.maculatumは、高さが約3メートルにもなり、ニンジンに似ています。


紫色の斑点のあるレースのような大きな葉と、通常は中空の茎を持っています。春には小さな白または緑がかった白の花を傘のように平らな房状に咲かせ、夏には小さな果実ができます。


葉や茎、花をつぶすと、不快なカビ臭がします。

有毒成分



コニウム・マクラツム:(C.maculatum)には8種類のピペリジン系アルカロイドが含まれていますが、一般的にはy-コニセイン(y-coniceine)とコニイン(coniine)が最も多く含まれており、急性および慢性毒性の主な原因となっています。


コニインは、ニコチンと構造や機能が似ているピリジン誘導体です。


植物の成長段階、環境条件(雨、気温、雲量)、土壌などによって毒性が異なります。植物のすべての部分に毒性がありますが、最も毒性の高い部分は、完全に形成された緑色の果実、熟した果実、および茎です。


※中毒の徴候は摂取後1~2時間で現れます。牛における毒性量は15.5mg/kgです。

症状



●筋肉の震え

●麻痺

●突然死

●協調が欠けた動き。

●頻尿

治療



※支持療法

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280