肺炎 ~ 肺炎は細菌、寄生虫、真菌などが原因で起こります



肺炎はニワトリの全身性呼吸障害の一部として起こります。


感染の種類と重症度は、原因、感染期間、免疫状態によって異なります。また肺炎は細菌、寄生虫、真菌などが原因で起こります。

肺炎の臨床徴候



罹患した鶏は、咳、体重減少、呼吸困難、断続性ラ音、および全身の抑うつの徴候を示すことがあります。

肺炎の診断方法



肺炎は、全血球算定、 X線写真、および気管洗浄液からの培養または細胞診検体、または内視鏡を用いた肺からの直接検体によって鶏で診断されます。

臨床兆候



●呼吸困難

●喘鳴

●咳

●衰弱

●ぱちぱち音を立てる

●体重減少

治療



●支持療法


鳥を群れから隔離し、新鮮な水や食餌を与え安全で快適で暖かい場所で管理し、ストレスの少ない生活をさせます。


●抗菌薬の全身投与およびネブライザー療法


原因および対応する治療を決定する。

予防



経験豊富な人にきちんと教えてもらっているのであれば、鶏にカテーテルチューブで栄養(療養食)を与えます。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280