ハト熱(Pigeon Fever) ~ 膿を伴う単発性または多発性の緩徐に発生する膿瘍を特徴とする細菌性疾患



ハト熱は、乳白色から緑色がかった色の膿を伴う単発性または多発性の緩徐に発生する膿瘍を特徴とする細菌性疾患です。


コリネバクテリウム・シュードツベルクローシス:(Corynebacterium pseudotuberculosis)の感染によって引き起こされます。


ウマでは以下の3つの異なる症状が現れます。


●潰瘍性リンパ管炎

この種のハト熱はウマにとって最も痛みが強く、後肢のリンパ管に影響を与えます。


ウマは蜂窩織炎、重度の跛行および腫脹を引き起こし、食欲不振、嗜眠および発熱を伴う複数の小さな膿瘍および潰瘍を発症し、片方または両方の後肢が侵されることがあります。


この型はテキサス州に生息する馬に最も多くみられます。


●外部膿瘍

これらは大きな腫脹として発現し、腹部または胸部(ハトの胸に似ていることから 「ハト熱」 と呼ばれています)。


陰茎鞘、乳腺または頻度は低いですが鼠径部または腋窩に好発します。これらの腫脹は、最終的に破裂する前に最大20cmまで増大することがあります。


また、腹部に沿って組織の腫れやときに皮膚炎、体重減少、抑うつ、発熱がみられます。外部膿瘍は米国西部に住む馬に最もよくみられます。


●内部膿瘍

これはウマにおけるハト熱の最も稀な型ですが、発生した場合、ウマの肺、肝臓および腹部リンパ節における内部膿瘍の発症と関連します。


通常は罹患馬の体重減少および抑うつを伴います。

※伝播



コリネバクテリウム・シュードツベルクローシス:(C.pseudotuberculosis)は、ハエやホコリ、土の粒子によって感染し、皮膚の切れ目から馬の体内に侵入します。


C.pseudotuberculosisは、また、糞尿で汚染された砂地や岩場に最も多く生息しています。C.pseudotuberculosisは、汚染された飼料、敷科、糞便、人との直接の接触によっても感染する可能性があります。

※潜伏期間



潜伏期間は3~4週間です。

症状



●膿を含んだ大きな腫れ

●発熱

●嗜眠

●体重減少

●抑鬱

●食欲不振

●蜂窩織炎

●跛行

診断



●病歴

●臨床兆候

●身体診察

●細菌培養

●PCR

●相乗的溶血阻害 (SHI) 試験

●超音波

治療



※疾患を報告する


ハト熱は報告義務のある病気です。つまり、あなたの馬がこの病気にかかった疑いがある場合、法律上、獣医師に報告する必要があります。


※外部膿瘍


獣医師は膿を取り除くために、膿瘍を排出する必要があります。膿瘍の成熟を促すために、水治療、湿布、ホットパックなどが推奨されます。


※抗生物質


外部膿瘍の一部の症例で必要となる場合があり、潰瘍性リンパ管炎や内部膿瘍では通常必要となり、数週間から数ヶ月の長期にわたる治療が必要となる場合があります。


※蜂窩織炎


腫れを軽減するために、圧迫ラップ、水治療法、および手歩行が適応となる場合があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280