光線過敏症(Photosensitization) ~ 日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎



光線過敏症は、日焼けによって引き起こされるのと似たような症状を示す重度の皮膚炎です。


これは、日光と特定の化学物質への曝露の組み合わせの結果として生じます。光線過敏症は、目の周り、耳、顔、尾、冠状帯など、太陽に最もさらされる部分である牛の未着色領域(白い皮膚領域)で起こります。


発症は、特定の種類の植物に直接接触してから数分以内、摂取してから数時間以内、または数日後に起こります。牛は、日中やUVAおよびUVBの照射量が多い地理的な地域では、植物から光線過敏症を発症する可能性が高くなります。


色の薄い牛や色素沈着していない(白い)部分のある牛は、光線過敏症を発症するリスクが高くなります。これは、皮膚の色が濃い方がメラニンや色素を含んでいて、浸透性物質や光から保護するのに役立つからです。


光線過敏症は、非常に似ているように見えますが、日焼けと同等ではありません。日焼けは、正常な皮膚が有害な紫外線に長時間さらされることによって引き起こされるのに対し、光線過敏症は、可視光線と紫外線の両方の照射に対して、皮膚の細胞が関連する光のスペクトルの刺激を受けることにより、皮膚の細胞が急速に反応することによって引き起こされます。


光線過敏症には、一次性反応と二次性反応の2種類があります。


一次性光線過敏症は、セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)、ジャイアント・ホグウィード(バイカルハナウド)、ビショップウィード(ドクゼリモドキ)、パセリー科(セリ科)に属する光毒性の草原植物およびソバ種(ファゴピルム・エスクレンツム:Fagopyrum esculentum)に見られるような光毒性化合物を含む植物との直接接触または摂取により発症します。


また、特定の薬剤(例えば、フェノチアジン系、チアジド系、増強スルホンアミド系、テトラサイクリン系)の使用や遺伝子変異によっても発症することがあります。


二次性光線過敏症は、肝原性光線過敏症としても知られており、牛が摂取した化学物質が肝臓の疾患または機能不全のために、全身循環から効率的に除去できない場合に起こります。


また、ピロリジジンアルカロイドを含む植物の摂取は、二次性光線過敏症の発生と関連しています。


いくつかの一般的な種には、ワルタビラコ属(Fiddleneck Aminckia spp)、タヌキマメ属(Crotolaria spp (rattlebox) 、ムラサキ科オニルリソウ属(キノグロッスム・オフィキナーレ:Cynoglossum officinale (houndstongue) 、エキウム属(Echium spp (エキウム・プランタギネウム (車前紫))、キオン属(Senecio spp (サワギク:ragwort) などがあります。

症状



●かゆみ

●紅斑

●皮膚のカサつき

●皮膚からにじみ出る血清

●皮膚のヒビ割れ

●無毛部分は水腫を伴って隆起する

治療



※曝露源を確認する

※肝疾患の治療の可能性

※抗炎症薬

※コルチコステロイド

※抗生物質

※日光への暴露を減らす

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280