柿胃石(Persimmon Phytobezoar) ~ 腸の閉塞を引き起こして馬の仙痛を引き起こします



柿はカキノキ属の木になる食用の果物の一種です。


熟していない柿は馬によって容易に消化されず、摂取されると重合し、植物胃石と呼ばれる粘着性の凝塊を形成します。植物性胃石は通常非常に硬く、腸の閉塞を引き起こして、馬の仙痛を引き起こすことがあります。


馬は柿の味が好きで、放牧地に柿の木があると大量に食べてしまうことが知られています。寒い時期には牧草が少なくなるため、冬になっても柿の実が枝に残っていて、馬が柿を食べてしまう危険性があります。

診断



●柿摂取歴

●臨床兆候

●身体診察

●胃鏡検査

治療



※コーラまたはダイエットコカコーラの経口または経鼻胃管投与

※輸液の静脈内投与

※抗菌薬

※非ステロイド性抗炎症薬

※胃酸分泌抑制薬

※ペレット状飼料への飼料改良

※セルラーゼ

※ミネラルオイル

※手術

予後



●獣医による迅速な医学的処置がなければ、死に至る可能性があります。

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280