ニワトリが座ることや立つことが困難になる末梢神経障害とは?



末梢神経障害は、ニワトリの末梢神経系の損傷の結果として発症する状態であり、脳と脊髄の間の神経インパルスが筋肉の動きを含む身体の他の部分に適切に機能するのを妨げます。


症状は、運動神経、感覚神経、または自律神経が損傷しているかどうかによって異なります。また、急性型か慢性型かによって異なる場合があります。


●運動神経の損傷


運動神経の損傷は、筋力低下に最も頻繁に関連しています。


その他の症状には、夜間にねぐらに止まることが困難または不可能なこと、筋膜形成(皮膚の下に見える制御されていない筋肉のけいれん)、筋肉萎縮(筋肉の大きさの重度の収縮)、および声または雄叫びの変化(雄鶏の場合)が含まれます。


●感覚神経の損傷


感覚神経は幅広い機能をもっているため、感覚神経が損傷を受けるとさまざまな症状が現れます。その結果、接触反応の低下、痛み、温度変化が生じることがあります。反射や位置感覚が失われることもあり、協調運動ができなくなります。


●自律神経の損傷


自律神経の損傷は、末梢神経系の副交感神経と交感神経が体のほぼすべての器官を支配しているため、さまざまな症状を引き起こします。

末梢神経障害の原因



末梢神経障害は、遺伝性の場合もあれば、疾患の経過や外傷によって獲得される場合もあります。しかし、多くの場合、原因を特定することはできません。末梢神経障害の原因には以下のものがあります。


●身体的損傷(外傷)は、後天性神経損傷の最も一般的な原因です。


疾患または障害およびそれらに関連する過程(炎症など)は、末梢神経障害と関連します。


●腎疾患


腎機能障害では、血液中の毒性物質の濃度が異常に高くなり、神経組織が損傷を受けることがあります。


●感染症


神経組織を攻撃するウイルスや細菌には、マレック病ウイルス、レトロウイルス(細網内皮症ウイルス)、ウエストナイルウイルス、トキソプラズマ原虫などがあります。


●癌


神経線維に浸潤したり、神経線維を圧迫して損傷を与えることがあります。腫瘍は神経組織細胞から直接発生することもあります。


●変性過程


ロードアイランドレッド種のニワトリは遺伝的に特発性多発性神経炎を発症しやすい。


●毒素への暴露


鉛、水銀、ヒ素などは末梢神経障害を引き起こします。さらに、特定の殺虫剤や溶剤も神経障害を引き起こすことが知られています。

臨床兆候



●虚弱

●座れない、または座ることや立つことが困難

●協調性のない歩行

●声や鳴き声の変化

●位置覚の消失

●筋萎縮

●筋線維束性収縮

●麻痺

●嚥下困難

支持療法



群れから鳥を隔離し、安全で快適で暖かい場所に置き、ストレスのない生活をさせます。

予防



鶏群がけがをするリスクを低減

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280