ニワトリの垂れ下がった素嚢(ソノウ)



素嚢が正常な位置から膨張し、摂取した飼料や体液で満たされる異常な状態で、この異常な伸長は周囲の筋層に損傷を与え、筋層に結合しているエラスチン線維を破壊します。


一度損傷すると、これらの筋肉はもはやすべての素嚢の内容物を前胃(胃腸系の次の段階)に押し込むことができません。これが発生すると、次のようなマイナスの影響があります。

●素嚢の中の内容物は、実質的に詰まって停滞し、発酵する可能性があります。これは、サワークロップとして知られる状態につながります。

●鶏はすべての栄養素を吸収することができず、脱水症のリスクが高い。



鶏の垂れ下がった素嚢には、いくつかの異なる原因があります。


●水分の過剰摂取

●素嚢自体の欠陥

●粗繊維飼料の消費

●腫瘍、高い寄生虫負荷または異物の存在による前胃または砂嚢の部分的閉塞。

臨床兆候



●素嚢の肥大

●素嚢の排出遅延

●飼料摂取量の減少

●体重減少

治療



●支持療法

●水飲み器だけ置いて、飼料箱を一時的に取り除いて様子を見る

●原因を特定して治療する(治療できれば)。:外科的に摘出する場合もある。

危険因子



給餌過多

暑い気候条件

給餌の制限

不規則な給餌スケジュール

広告
キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
広告336×280
スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336×280