蹄骨炎(Pedal Osteitis) ~ 炎症によって蹄骨の脱灰が進行する疾患



蹄骨炎とは、蹄骨の炎症のことです。


また、それに起因する脱灰が進行する疾患であり、例えば蹄葉炎の既往のある馬、角壁腫、外科的インプラント、慢性的な蹄底の打撲や膿瘍、感染の有無に関わらず足への貫通傷害、敗血症性の足皮膚炎などが原因となるものです。


非感染性である場合、着地時に蹄に加わる衝撃に起因する場合が多いです。したがって、硬い馬場で運動している馬に生じやすい。


蹄骨炎の馬の治療目標は、一次的な問題を解決することと、足底へのさらなる圧力や激しい振動を防ぐことを目的としています。

症状



●跛行

●蹄の熱感の増加

●歩幅の短縮

●慢性蹄底膿瘍の病歴

●足の裏に傷をつけたことがある

●蹄テスター使用時の痛み

診断



●病歴

●臨床兆候

●レントゲン写真 – 足を撮影したもので、蹄骨の外縁に荒れた不規則な境界線が見られます。

治療



※非ステロイド性抗炎症薬

※装蹄を工夫して衝撃を軽減すること。(プラスチック製蹄鉄を接着装蹄し、さらに充填剤を使用・エッグバー蹄鉄)

※手術

予防



※蹄の異常を修正する。

※装蹄を工夫して衝撃を軽減

キジと水鳥 仲田幸男 昭和46年12月20日 ASIN: B000JA2ICE 泰文館 (1971)
スポンサーリンク
336×280
スポンサーリンク
336×280